ヤマニーカワニーは信州・白馬村で昆虫採集と渓流釣りで自然遊びを教えるガイドサービスです。

0261-85-0604

営業時間 8:00~18:00

夏の思い出 新企画 「釣りの遠足」

2016年09月04日

 

 

今年は 「釣りの遠足」という 釣りのレクチャーを受けながら

川をどんどん移動していく企画をはじめました。

 

  そして当日スタート。  釣りには良すぎるぐらい天気が良かった。 

 

  総勢 30名様 で チームを3組に分かれて遠足がハジマッタ。

1グループにインストラクターが2~3名ついて色々な川へ向かった。

 

まずは 昨年からのガイドで佐藤と長老の中川ガイドでスーパー常連大食いキッズかずちゃんと

釣り大会常連さん悟君らのチームの写真を撮りに行った。

 

かずちゃんのお母さんはルンルンで歩いている。もちろん

竿は無い。

 

 

中川ガイドは朝一番で釣らせないと釣れないと予感して はじまって5分で釣らせようとしてくれている。

 

かずちゃんのお父さんや 中川ガイドのお子さんも地球を釣りながら悪戦苦闘。

 

 

次のチームは日陰ゆったり釣りチーム。

ご家族でお子様がいて 焦らず 渓流を楽しむチーム

 

イワナは足で釣る! 足が止まっては釣れないぞ。 その分

少年は水中に念力を送っている。

樹木を釣ったお父さん。ガイドの中山氏みておいてくださいよ~おねがいしますね~。

渓流釣りは自然すべてとの対峙だと言われている。

 

 

なにやら伊藤ガイドのチームは何かを見ているようだ。

 

 

ヤマメが釣れました。 お子様もかわいくて 奥様もキュートで、魚が釣れた。

幸せをかみしめているご主人。一人で釣りに行ったときの大物よりうれしいはずだ。

 

 

続いては 少し移動しながら 釣りができそうなお子様チーム。

 

こういった自然の中でのはじめて出会う感覚は 説明のつかないぐらいいいものだ。

釣れない釣りも、全力尽くしてゼロなら仕方ない。 

 

 お母さんも半信半疑で釣りを必死でやられていた。

 

  昨日近くの川でヤマメ釣ったんだから 今日も釣れるはず。。。と

自問自答しているに違いない。 いるけど釣れない 釣る為に自分は何ができるか

自分に聞く・・・・。

 

 

 

さあ 釣りも終わり 3チーム再度集合して

釣った魚と そうでないさなか・・・・岩魚を

簡単にさばいて 串にさすレクチャー。元料理人の相田ガイドが

キラキラの笑顔で教える。 グロテスクな内容を笑顔で伝える。

 

イワナの内臓をとる。。。普段はスーパーでさばいてある魚を買って食べる。

そのギャップに唖然とする。

自分で釣ったイワナを串に刺して、キメ顔をする悟くん。

釣る執念すごい。 あ  技術だ。

ゆったりチームかえって来た。

 

もちろん炭火で串焼き岩魚。

 

 

他にも白馬村産の野菜などの簡単なBBQも。

おっと中野渡ガイドも男どもに塩をふらせる~。

かずちゃんを水の中で待つスイカ↑

でましたかずちゃん。。。釣れなかった悔しい気持ちをスイカにぶつけていた。

最後まであきらめないで釣りをしてたので僕はいい男だ!と認めます。

 

 

昨年は 20匹ほど釣れました。 今年は岩魚1匹とヤマメ数匹。。。

言い訳は雨不足。。。でもそんなコトどうでもいい。

 

 「模索」・・・僕も初めてのことはそこからスタートです。

「どうやるの?」 ・・・「ふ~んなるほど」・・次回はこうするぞ

自然の中での試行錯誤は永遠だ 最初も途中も はじめないとその模索の

楽しさははじまらない。

 

今回おもいきって お申込みいただいた皆様 これに懲りずにまた

ご参加頂けるとうれしいです。

 

 

釣りの遠足1回目、まだまだ足りない点がありましたが、

8時半~13時までみなさんお付き合い頂きまして、また遠方よりご参加頂きました事を

お礼申し上げます。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

0261-85-0604

営業時間 8:00~18:00

時間外・ガイド中に電話に出ない場合は、お問合せフォームかご予約フォームよりお客様のご希望を入力お願い致します。