ヤマニーカワニーは信州・白馬村で昆虫採集と渓流釣りで自然遊びを教えるガイドサービスです。

0261-85-0604

営業時間 8:00~18:00

ブログ

これが白馬のつりですわ~ なんてな?!

2006年07月14日

この時期よほどの事が無い限り夕方には1~2時間白馬村内の渓流に釣りに行く・・・・、でも今日は店のチラシ配りでペンション数件回って時間があればいくことにした。ペンションをまわっていると偶然にもうちのスノーボードスクールのインストラクターのMホに会った、みるからに元気そうにしていて、少し話したが毎日このBLOGを読んでると言って鼻で笑って去っていった。それはさておきペンションも食事どきなので6時半ぐら

やる男 その②

2006年07月13日

この男は地元大阪の友達いつもコメントをまめに入れてくれているkatokichi(カトキチ)さんです。何がやる男なのか?この人は釣りをするために大阪から白馬に月三回もくるんです、春のダンクルネッツさん主催のバストーナメントに始まり、渓流のルアー・フライ・エサ釣りで渓流魚を狙い・川の水量がおちつくとスモールマウス・秋になると青木湖でヒメマスつりに来る。しかも去年は冬にスノーボードにも来た。普段彼は会社

エサ釣り修行その①

2006年07月11日

友達と2人で夕方から姫川に出動。夕立の姫川水面から霧が立って幻想的。川の状況はほぼクリアな水色ですが、ほんの少しの濁りがある水量は例年の2~3倍近い状態、やはり山にある残雪の多さが要因。川に入って数投いきなりミミズに良形イワナが2回アタックするがNG、水深があるとイワナも大胆になるのかエサ釣りで表層まで追ってくるのはあまりない、それ以降、何をやっても2人とも釣れない。場所を少しずつ移動していると、

夏のスモールマウスバス

2006年07月10日

今日は久々に川にバスつりに、汗だくになった暑かった、今年初めて夏を感じた景色も夏でした。釣れたサイズはイマイチ君ばかりでした。

白馬で釣りとスノーボード。鬼無里でおやきとスノーボード

2006年07月09日

昨日は隣の鬼無里村にいっておやきを食べました、ふと店内を眺めるとスノーボードが飾ってあって、良く見ると「いろは堂」おやき屋の名前がソールに書いてあって、店のおくさんが「これオガサカさんで作ってもらったの」と・・・・。とういうか小布施町の竹風堂(栗菓子)善光寺の八幡屋磯五郎(七味屋)でもオリジナルのスノーボードを見たことがある事を思いだした。デザインが和風なので新鮮な感じがするんです。それよりこのい

基本に帰る、イワナはエサ釣りで。

2006年07月09日

最近気になることがある・・・・・・とにかく思った釣りができない。今年は雪解け水が多くどこの川も水が多かったり流れが強い、思った通りに釣れない、湖もイマイチ魚の状態が読めない、毎年の季節感を読んでの釣りが効かないので面白くない、でも悩ませられるから楽しい。去年はほとんど渓流ではFLY70%ルアー20%・・・・エサは10パーセントあるか無いか、昨日のオヤジの釣りをアドバイスしながらヒラメイタエサ釣りで

白馬の騎士あらわる

2006年07月07日

実は昨日から大阪から僕の両親が来ていた、オヤジは白馬に引けをとらない田舎で小さい頃は川や池で遊んだりしていたので自然の一般常識はまあ知らないわけでもない、そして小学生の僕を年に一度あるか無いかぐらいのタイミングで釣には連れてくれた、今考えれば年間数度の釣りが逆に僕を釣りに行きたくさせて、内緒で遠くの川へチャリでいった。あれから20年の月日が流れて今白馬で肩を並べて釣りをしている。、しかもオヤジが釣

白馬 姫川源流

2006年07月06日

姫川源流に行きました、村内にある佐野坂という場所にある源流は三つの湧き水から始まっている、その湧き水は湿地帯にたまりがながら一つの小さい川になっていく、これが姫川の源流の始まり。姫川が日本海まで58キロの道のりたどり着くまでの両サイドの高い山々に降った雨や湧き水が合流し少しずつ大きな流れへと変わってい、そして海に入っていく、なんと下流域には鮭の遡上もある川で、いつまでも源流から下流まで綺麗な状態で

信州 釣り 温泉 そしてお昼はそばに限る。

2006年07月05日

温泉・そば・お酒・釣り・・・・・このうち2つが重なった時すごい威力を発揮するのです・・・・・・・温泉にダラダラつかった後に、軽くお酒を交わすとか、夏の釣りの合間に休憩がてら冷たいザルそばをすする、たまりませんよね~、残念ながら今日は1つだけですが長野市で蕎麦屋に入りました。ここのそばは川中島に住んでいた頃によく足を運んだがいつも車がいっぱいか、営業時間が短く閉まっている事が多く食べた事は無かった、

小さな川

2006年07月05日

村の中には小さな川がたくさん流れている、畑や田んぼに使う用水路・、雪解け水の水路か?利用目的はイロイロですが、そんな小さな川にも生物はすんでいます、岩魚ももちろんいるのですがまだ見たことが無いカジカもいるようです、その川には青々とした水草が繁茂して石や砂地からクレソンやニリンソウなどが生えている。小さいながらも自然が集約されていて、しかも人の手が入っていないので、見ているだけでホットさせてくれる。

お問い合わせ

0261-85-0604

営業時間 8:00~18:00

時間外・ガイド中に電話に出ない場合は、お問合せフォームかご予約フォームよりお客様のご希望を入力お願い致します。