カナディアンカヌー 青木湖畔 ヨシヨシ

  この記事はカナディアンカヌーのガイドメニューではありません。
仲間と遊んだ日記です。
普段ヤマニーカワニーとして青木湖でカナディアンカヌーのガイドをしていますが、 
今日はペンションヴィヴァルディ
友達家族と半日遊びました。

透き通った空気で風も穏やか。

久々に自由な気持ちになったのだろう。自然の中で自分自身を開放してあげる時間も必要だ。
がんばってコツコツ。あきらめない。 粘り強くなくていい。 自分を可愛がってあげないと損。


9月の最高の陽気でいい気分。


きままに写真とったり、水に手を付けてみたり、あほな話をしたり。


カヌーの上で井戸端会議。 仲のいい家族だ。 

そのあと子供達が手つくりシフォンケーキとこだわりのチャイをふるまってくれた。

自前のエプロンがシブイ。

チャイを飲むのって1年に一回あるかないか、そのなかでもすごくおいしいチャイだった。
ケーキも甘すぎず、アールグレイの風味も丁度よく、若い子2人に作って頂いたのもあって、すごいおいしかった。ありがとう。

 今のコトを話して、気持ちも分け合い分かり合いまた明日から気持ちよくいこーよという気分になった。

家の中でもいい時も テラスでいい時もあるでしょう。

でもこの湖のほとりで語らうとさらに良い気分。

遊んでくれてありがとう。

 

秋の長野はカナディアンカヌーで自然にひたる。

夏休みは終わりました。 
たくさんのお客様に来ていただきまして、本当にありがとうございます。

信州長野県 白馬村 ネイチャーガイド ヤマニーカワニーhttp://yama-kawa.jp
白馬村でネイチャーガイド 青木湖でカナディアンカヌーでネイチャーガイドしています。

さてこれからは秋です。 秋に旅行したらダメという鉄則はありません。春や秋こそ長野県のいい時期です。
日本のみなさんもっと遊びませんか?毎月長野県に来て下さい。
きっと もっと自然の良さが見えてきます。

紅葉の時期はアルプスの山頂の方のは9月の最終週~ 10月の上旬 800m~1000m白馬村山麓付近 青木湖付近は10月の中旬~下旬。

白馬村から15分早いと10分の青木湖でカナディアンカヌーで秋の風景を楽しみませんか?

写真でも伝わりきらない、紅葉のパノラマ。 登らなくていいんです。
カナディアンカヌーはカヤックと違ってひっくりかえりにくい乗り物です。
漕ぎ方も簡単です。 

今年から 通常のガイドより充実した クルージングとアウトドアカフェゆったりプランをもうけました。

青木湖カナディアンカヌー カナディアンカヌーガイドプラン

秋のご旅行いかがでしょうか?

新そばもそのころいいでしょう。

虫仲間

子供だから、大人と友達になったらダメとは限らない。
その逆も同じ。

クワガタカブト探しにあけくれる子供達の想いは様々、
けど虫の事や自然の事を話し合いながら、こちらの
想いも子供に届く。 その逆もある。発想とパワーあふれる子供の意見が僕をやる気にさせてくれる。
そうなると大切なのは虫ではない。
その想いの共感だ。

たとえ ゼロでも一でも2でも6でも なんでもいい。
虫を通した想いがどれだけひろがるかをわかり合いたい。

だから そこから 僕らは友達。

ピカピカした気持ちが、自然の空気よりも
素晴らしい。

僕らはもう友達だ。

おっさんだけど、仲間になって欲しい。

そうだ ガイドの方も虫除けスプレーどうぞ。。。
嬉しかったです。

みなさん ありがとうございます。

ペンション くるみ ヤマニーカワニの犬もくるみ 

ペンションくるみ さん

今年の春に白馬村の五竜のエリア内で移転されました。

毎年人気のお宿さんです。

ペンションくるみホームページ

 

 

 

 

 

 

 

綺麗な外観、林の中に建っていて、どこへ行くにもアクセス最高です。

 

 

 

 

 

 

 

リビングも広く 今までの評判通りのおいしイタリアン料理をふるまわれます。

 

 

 

 

 

 

新築では無いですが、キレイなお部屋です。

でもやっっぱり、くるみさんのウリはご夫婦です。

話が早い!

面白い!

明るい!

 

ご旅行ですもの、明るくいかないとですね。

良かったらご宿泊をお願い致します。

ペンションくるみホームページ

 

 

 

 

白馬村はミヤマクワガタかノコギリクワガタか?

昨夜は 伊藤ガイドが担当。朝と昼の下見ではなかなかいい虫に出会えなかったので、やや不安な感じのスタート。   ワンポイント目、条件はいいが昼間の暑さが下がらないのか微妙。でも気温26度なので悪くは無い。

次のポイントへ、入り口の木は雨のなさで樹液が乾いてきていた。 こらおらんやろとゾッとした。

そして  少し小ぶりの木には まだ樹液も出ている。

いました。

 

 

 

 

 

ええ顔してます。

 

 

 

 

ミヤマクワガタではありませんでしたが、白馬村では珍しいノコギリ。

他  カブトムシは数匹いました。

 

 

 

 

スライドの説明の時もズバズバ答え、伊藤の説明もよくよく聞いてくれました。

 

今度こそミヤマを見つけようね!

また 会おう 楽しいご家族で 僕らも元気いただきました!  ありがとうございます。

長野 昆虫採集ツアー 2018年

http://yama-kawa.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよあと一週間  あとご家族1組はご予約大丈夫ですよ。お早めにどうぞ。

 

毎日 ガイドと空き時間の下見を繰り返しています。http://yama-kawa.jp

 

これはみんなで下見に行った時の一コマ お客様は絶対にマネはしないように。

ガイド中もやりませんが、下見の時はたまにやります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クワガタカブトムシを採集にでかけるとこんな出会いもある。

アブラゼミでした。今年は少し早い。

白馬村はハルゼミといって㋄からセミは鳴く。ニイニイゼミも6月・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ナイトガイドではこの時はノコギリクワガタ。

今のところほぼ毎日ミヤマクワガタが珍しく発見できている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青木湖のカヌーも清々しく。。。生命体に包まれている気分になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

是非 こんな自然に遊びに来てほしい。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渓流の景色

釣りにいって、息抜きにふと顔をあげると、

大きな景色に包まれていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すーっと 太陽が山の裏側に落ちて行く。

 

 

 

今日もあっという間に終わった。

充実して毎日過ごしていく。

自然の良さと生活が密着してないと

気がすまない。

もっと密着したい。

 

白馬村観光パンフレットに載っちゃいました。

白馬村観光局が出されている。観光パンフレットがあります。  それになんと僕が。。。

こんなカッコイイ表紙です。
かっこよすぎて、白馬村のイメージがあがっていく。  日本全国の旅行代理店や施設においてあって

電車などでパラパラとご覧いただくこともあるでしょう。  見た方はこの景色、この空気感!さすが信州ってなるでしょう。

そして

ヤマニーカワニー僕です。

白馬村はセンスのある村ですよー。

みなさん  待ってまーす。

 

 

青木湖湖畔のペンション

白馬村から車で10分のところにある青木湖。

日本で有数の透明度だ。

白馬村の行きと帰りに湖の横を「おおきな湖だな」と通るだけの方は多いと思います。

まじかで青木湖を感じてみたかたは少ないのではないかと思います。

自分がカヌー・カナディアンカヌーのガイドをやっているのもありますが、一度近くで訪れてみるとまた違った自然に出会えると思います。

 

今日は 青木湖湖畔の プチペンションアルファさんの紹介です。

詳細はホームページを見て頂くしかないのですが、

いつもきれいにされていて、気持ちの良いお宿さんです。

ご夫婦で庭仕事をよくされていたりして、お庭もきれいです。

あと、なんといっても青木湖が庭の様な所に建っていますので湖周道路にすぐ散歩に行けます。


少し高台に建っていますので見晴らしもいいです。

プチペンション。。。とお名前にありますが、建物充大きいんですけどぉ~。

また白馬村とは違った宿泊スタイルもいいのではないでしょうか?

 


上の景色はヤマニーカワニー自然の港からの写真。すぐ近くにアルファさんがありますよ。

 

今も青春

高校1年の時の夏休みに初めて友達同士で旅行に行ったのが 、和歌山県串本町だった。

いい場所なので、22歳まで何回か遊びに行っていた。思い出の場所。

長野県移住してからは、心の中にあったものの遠ざかっていた串本。

今回機会が重なり、行くことになった。それなら家族でといこう! あ! アンド 大阪の友達も誘ってみた。そうその高校1年生の時の友達だ。 今も友達だ。白馬村にも良く来てくれている。   予定変更して串本町で合流してくれた。

話は逸れるが‥  高校の旅行の時は色違いのロンTで旅に出た。  

 

 

 

 

 

 

 

写真でわかるだろうか、今回パンツが同じである。

たまたま去年パタゴニアのパンツを僕の履いているのをみて真似して買いやがった。

大阪と白馬村なので同じタイミングで履いてなければいいかと 同じ色を買ったらしい。

僕は白馬村を出る前に、もしかして‥と思いコレに履き替えた。

ビンゴだった。  奴も履いて来ていた。

2人はニヤリと笑っていた。

それを傍で見ているお互いの嫁の、アホらしい顔。

長距離走った甲斐があった。

特に すごく汗をかいてスポーツやらなくても、若くなくても、同じ思いで生きている事に青春を感じた。    昔の通り今も綺麗で生命感のある串本町の海があるから、こうやってまた同じ気持ちで旅行できた。

白馬村もそんな地域でありたいなと思った。

 

 

 

 

 

橋杭岩 

2日目は天気悪いながらに、タコメガネで海の中を見させた。

 

 

 

 

 

 

帰りに 待望のめはり寿司を食べた。

美味かった。ほんと

また行きたい。