信州自然遊びのヤマニーカワニーブログ 

投稿

収穫を楽しむ。

 池田町のハーブガーデンに今年もラベンダー狩りに。

 セイヨウミツバチがせっせと蜜を収穫していた。濃いオレンジが蜜。

ラベンダーのはちみつってどんなだろう。

嫁さんは、植物が好きで、ラベンダーの匂い袋やラベンダースティックを夜な夜な作るのが好きだ。

帰りにリンゴ畑から リンゴの木の薪を頂いてきた。

セッセコ 薪を運んでますが、うちにはまだ薪ストーブはありません。

その夕方 帰ると 子供らが庭の ジューンベリーを収穫していた。

食べたり、投げたり、取り合いしたり、収穫はだれもが楽しいみたい。

この日は朝から夕方まで収穫の一日だったと・・・スマホの写真をみて思った。

 

 

2017年7月1日

カナディアンカヌー運搬

  3日前 カナディアンカヌーを買ったので引き取りに行きました。

 

  途中 大阪の実家へピットインがてら ラーメンを食べる。

 

  替え玉2玉、夜の一時に3玉目はやめておきました。めっちゃおいしい。

 

カヌーの引き取りは岡山の倉敷なので。。。なんせ遠い。

 

ですが 京都に住む 小学校の時の先生に会いに行きました。

その前に 宇治のお茶屋 中村藤吉さんへ・・・

 

 

 

2年に一度のペースで会いに行きます。

もう90歳かな~聞いてないけど、それにしてもまだお若くお元気で安心しました。

 

そして京都から岡山へ・・・遠い。

倉敷で引き取り・・・そしてまた大阪へぴピットイン

雨が降っていて 車の上でカヌーが少し動いていて、なんどもサービスエリアで

確認。。。。80km。  緊張の連続で 疲れた。

 

 

 

大阪へ入って またまた 一作ラーメンへ もう10年ぶり。

メニューは進化していた。  通常のこってりに さらにこってりメニューがあり

レベル1~3まであり 自分はレベル1で。 麺を食べ終わると こってりのスープの3分の2は

麺にまとわりついて無くなっている。 レベル3だとどうなるのか 次回試す。

 

 

帰りに近くのカヌーショップで パドルを10本購入!

 

 

帰りも サービスエリアにちょいちょい寄りながら、 カヌーが動いていないか

チェックして無事白馬へ帰りました。

 

  小学校の先生に久々に会えたのが 良かったです。

 

  「焦らなくていいから、ゆっくり、しっかりやりなさい」と別れ際に言っていただきました。

 

  先生ありがとう 昔も今も ほんとお陰様で 生きてます。 

 

 

 

  どなた様か  カナディアンカヌーお持ちの方 お譲りください。

 

  どこへでも取りに行きます。 

 

 

2017年6月30日

2017年 今年のパンフレット

2017年夏のパンフレットの表紙です。

真ん中のカヌーのオトコマエは自分です。

何も見ないで書きました。 

このパンフレットを見て「気持ち悪い」 「こんなガイドの人いやだわ~」って

思われたら、どうしようって考えないで、印刷会社にそのまま入稿しました。

 

 

それよりも  今年から白馬村から車で10分の青木湖でカヌーのネイチャーガイドをはじめます。

これは8年前ほど前から長年ずっとやりたかったメニューです。

 

今年7月より開始します。 春からずっと準備してきて、毎日カヌーの練習もしつつ。

ガイド中のトーク集を模索しています。

さてどんな内容になるのか自分でもワクワクしています。

 

 基本 トークなくても 湖にたどり着いて 浮いたら すごく気持ちいいんです。

 僕が話すと雰囲気ぶち壊しかもです。 それぐらい雰囲気のある湖です。

 

 

 

 

 

大きな 湖ですが ガイド中は そんなに漕ぎまくったりしません。

カヌーにのってすぐの入り江の近辺と 湖岸沿いを軽く移動する感じです。

 

体力があまりなくても 大丈夫です。

 

船も沈没もほとんどありません。(たたない、勝手に乗り降りしない事)

 

 

です。

 

 

 

是非 新しいメニューにもご参加をお待ちしております。

 

 

 

2017年6月21日

憧れと謎のミヤマクワガタ

  たくさんのご予約を頂きましてありがとうございます。

 

 ミヤマが捕りたい! 自然の中でのとり方を知りたい! 一目見たい!

色々な思いがあります。  昔は小学校4年以上はミヤマ 1年から3年生はノコギリ

幼稚園児はカブトムシといった 年頃でみつけたい虫が違ったものでした。

しかし 最近 そうではありません、ミヤマクワガタに限定せず、どのお子さんも

親御さんもこだわりをもってこられる事が増えてきました。

あのギラギラ感が僕は大好きです。

 

過去14年振り返って ミヤマクワガタの発生の時期は一番早くて白馬村の場合6月中旬平均すると後半です。

そして長雨や低気温の初夏の間はあまり活動的ではありません。 7月中旬ぐらいに縄張り意識が

強まって木を歩いているのをよく見かけます。  7月後半気温さえ上がりすぎなければよく見つかります。

8月初旬 猛暑日といった日でなければ高確率発見できます。 7月後半と8月後半はどちらとも言えない

ぐらいミヤマクワガタは活動的です。

お盆8月中旬 猛暑の夏の盛りなので、ぱったり見なくなることが多いです。しかし昨年はパラパラ獲れました。

8月後半2次発生といって2回目の羽化があります。 8月20~9月10日の間に幼虫とサナギの期間が長かった

割と大きな個体のミヤマがでてきます。 

 

憧れのミヤマクワガタを見つけたいかた この時期をみながら クワガタ・カブトムシ採集ガイドサービスお申込み

お待ちしております。

 

   

 

2年前の2次発生の巨大ミヤマ。

 

 

 

 

 

2017年6月3日

ラストチャンス

昨日のエサ釣りのフイッシッングレクチャーガイド。 前の日に雨が降り、低水温で はじまって1時間少し、ほぼ当たりはなかった。 珍しく最後に場所移動をして、内心もう今日はゼロ匹かなと思っていた。 このキャストで最後ですねーと言いながらお客様と一緒に竿を握って、スーッと流しながら、 このお客様は これで釣るかもしれない、「 何かヒキがあるな!」と感じた瞬間だった、上流にラインはイワナに引っ張られた。

僕も心底うれしかった一匹でした。
その後も ご自分で2匹釣られていたようです。 奥様に懇願して1人白馬旅行でイワナとたわむれる事が出来て良かったです。
今回はありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。

2017年5月13日

山菜の季節


タラノメ、コシアブラ、たまたま
発見!
今年は寒く成長が遅かったので、ようやく天ぷらサイズに仕上がった。この新芽をとってもまた 新芽がでて成長する。しぶとい植物だ。

2017年5月8日

2017年グリーシーズンの予約開始しましたぁ~

新しいメニューも追加しました。

昨年始めました 「THE NATURE」に引き続き、

白馬村の渓流のネイチャートレッキングです。

 

 

もう一個追加~。

「昆虫採集の旅」です。

以前まで 「昆虫探検隊」「フィールドノート」といったプログラムがありました。

ご好評につき、少し内容を変更して復活させました。

今年は特に土日と夏休みど真ん中の時期の限定日のみ開催します。 

 

 

  ヤマニーカワニーホームページ 

 

   ほかにも 定番人気の渓流釣りのフィッシングレクチャーガイドとクワガタカブトムシ採集ガイドも

   健在です。    

 

  今年はどんな夏休みになるのでしょ~。

  みなさんまってま~す。

 

 

2017年4月21日

ヤマニーカワニー アウトドア ガイド募集(アルバイト)

  夏休みに一緒に働いて頂けるインストラクターの募集です。

 

 

 渓流釣りの経験・昆虫についての知識が無い方でも大丈夫です。(6月後半~7月に研修2日行います。)

もちろん経験豊富な方でしたら尚歓迎致します。

インストラクターは幸せな仕事です。

 

 ヤマニーカワニーのガイドサービスは安全と究極の楽しさを目指しています。

2017年夏は4名~7名のインストラクターで営業しました。(女性もいました) 

仕事上だけでなくいい仲間です。一緒に働いていただける方ご連絡お待ちしております。

 

 

☆募集職種 ネイチャーガイド全般  

 

 

☆職務内容 渓流釣りガイド・クワガタ・カブトムシ採集ガイド・自然散策ガイド・カヌーガイド・・・受付・店留守番等

 

☆勤務地  長野県 北安曇郡白馬村

 

☆勤務時間 ガイド内容によりますが。①8:30~16:00  ②19:00~21:00 

 

☆期間   7月20日~8月20日  ただし 白馬村近郊にお住いの方は夏休み以外でもOKです。

      別の仕事の合間にデイガイドもしくはナイトガイドだけ、パートタイム勤務もOKです。

       

 

☆給与   当社規定による、能力 経験によります。 面接時に基本給与は決定致します。

 

☆休日   週1~2日 

 

☆募集人数 2~3名程度  

 

☆応募期日  1次 5月30日まで   2次 6月15日まで。  1次で3名確定した場合は 2次はありません。    

 

☆応募資格  男女問わず。年齢20歳以上~

       明るく会話ができる方。

       ありがとうとちゃんと言える人

       体力のある方。

       昆虫に詳しい方。

       釣りが好きな方。

       魚を知る。

 

☆応募方法  1)履歴書(写真添付)※メールアドレス必須
       2)野外活動がおありでしたら、経験履歴詳細
       3)応募の動機(400字以上)

 

☆備考    1)履歴書発送先  〒399-9211 長野県北安曇郡白馬村 神城27721-415

                 ヤマニーカワニー 今西 寿紀

       2)℡   090-1556-2403

       3)メール  yama-kawa@orion.ocn.ne.jp 

       

       

 

 

2017年4月13日

クジャクチョウ

去年は一度も見なかったクジャクチョウ、庭の日向で日光浴しにきた。

カメムシの次にでてきた昆虫らしい昆虫発見。

2017年4月11日

姫川雪解け大水


写真はありませんが、今朝の雨で
川の水色は真っ茶色で、釣りは難しいでーす。 報告まで。

2017年4月7日

雪深き楠川

他の渓流に比べてまだまだ 雪が
あります。 魚も日に二回ほど動くぐらいでいつも釣れる感じはありません。明日スクールが終わるのでソロソロ釣りに行けますので 報告します。


昨日も今日も少し雪が降りました。今年もよく滑ったな。




綺麗な雪を噛み締めながら
ビューンと滑りました。
雪は綺麗だなー。

2017年4月1日

春の渓流の様子。

姫川の上流
ハイランドホテルさん大楢川合流付近


大出吊り橋上流


松川新橋 生コン工場裏



楠川は一部以外はまだ雪が多いです。
まだ川べりには雪があり スノーシューが無いと大変なところも多いです。
どうぞお気をつけて 渓流釣りを楽しんで下さい。

2017年3月30日

せっかく来て頂いたのにすみません!


和歌山から akさんご家族がコルチナに滑りに来て頂来ました。
おみやげまで頂いたのに、ほとんどお話できないで、すみませんでした。
フワフワ感満載のお菓子を頂きながら
反省しています。
他にも梅干しもさっきお茶漬けにしてakさんの事を思いながら頂きました。
すみませんでした。

2017年3月27日

謎のシンクティップ

子供と嫁が寝静まってから、夜にコソコソ自分の趣味の世界に没頭するのに、ハマっている。

昨夜はウエットフライのシンクティップ〔フライを沈める時に使う、重さの違う糸》

完全に浮くタイプから すごく早く沈むタイプに分かれている。 僕は7種類持っています。写真でもわかる通り ラインには重さやそのタイプの名前は書いていないので、微妙な色で見分けている。
ラインの入れ物には忘れない様に カラーとタイプを書いたメモを貼り付けてある。
でも 今年 何回も間違えて釣りをしていた。底ベタで釣りたいのにタイプ2という軽いのを使っていたり、間違いを何回もやっていた。 釣れるわけない。 理由は偏光グラス越しにラインを選んでいてカラーを間違えたり、太陽の加減で間違えてしまう。 どのメーカーのシンクティップにも ネームは入っていないのが通常。 経費節減か面倒なのか元々書いておいて欲しい。 すでにあったりして。
でも これからの為に ネームを付けておこうと、数週間前から用意しだした。

用意するもの。
■防水インジェクションプリントシール480円
 外側■シュリンクチューブ透明
  熱収縮チューブMサイズ2.6mm
  5センチ??8本入り 360円
 内側■ウェルディングチューブ.ライト
7センチ 溶ける部分は3センチ程。
 収縮チューブの中に溶けるビニールチューブが入っています。2.0mm 6本入り480円

チューブは失敗分も含めて 1.5倍分ほど購入が肝!
■ ヒートガン 1800w 通販で1680円
■ ハカリ 正確なラインの重さを計ります。
■ 他 ハサミ、水【水はチューブを通す時に引っかかる場合のみ濡らします。】


やり方ァー
作業1 シンクティップの重さを測る。


作業2パソコンで文字の大きさを4ptか5ptでシールにプリントする。コツはフォントを変えると くっきり読みやすくなります。失敗してもいいように、各3セット印字しておく。

作業3ウェルディングチューブを通す。

通しにくい時は 少し水で濡らすか 、鼻の脂を付けて通す。
作業4 ヒートガンを5センチ程離した所から スイッチLOWで まんべんなく 全体的に仕上げます。 色が透明になれば溶けています。そして冷えてからウェルディングチューブは二重構造なので、外側の保護チューブは剥がします。ハサミで切れ目をいれて はがせます。

作業5 シュリンクチューブを熱収縮させて、更に保護します。
シュリンクチューブが長すぎるとラインの重さが変わったり、ラインのしなやかさが無くなるので、溶解したウェルディングチューブの長さよりも少し長いぐらいにカットして通す。

コレで完成!

気合いの割に ヘタッピです。
最初からうまくいかないものですね。

必要無いものでも 為になりそうな予感がするものはやってみる事にしてます。 このネーム入れも 実際 ラインを仕舞うポーチの
ポケットにネームを記入できれば必要ない、 けどやってみると発見がありますね。
ラインの重さも初めて測りましたが、意外とグラム数に差がない事に驚きました。もっと 重さのメリハリがあるのかと思っていたので、フライフィッシングはほんと繊細だなーと。またまた難しさを目の当たりにしてしまいました。
また丁寧に説明書きがあるホームページでみてやりましたが【加藤毛針店さん】やってみると気にもとめない微妙なところが難しかったです。
釣りは釣るという実践以外に、こういった作業が楽しさをくすぐりますね。
あと 夜の趣味の作業の時に 飲むお茶やお菓子を選ぶ快感。 その時に流す ユーチューブや音楽セレクト。

ほんと夜の世界たまりませんね。
2時間ぐらいで完成したんですが、 夜中の1時で 起こさない様にそーっと 寝間にいくと 、 嫁さんがのスマホが光っていた、 なんと冬のスノーブーツを物色していた。 こっちにも趣味の世界が いや 買い物の世界があった事に 拍子抜けした。
ん、、?買い物の世界? ただの ネットショッピングやんけー。
さぁ次は何の世界に 浸ろうか。

2016年12月16日

2016年滑走1日目


昨日 白馬コルチナスキー場オープンしました。 スクールは土日のみの
営業ですが、徐々に本格営業に向かいます。

ついに初滑りです。
毎年 初滑り前に 自分だけの滑りの研究ノートを読むんですが、今年はやめました。
新しい感覚を掴む為に 去年の事はあえて忘れて、初滑りの感覚にかけて、いどみました。
ノートにつけてる事もほとんど勘違いな事が多いですが、ここ五年は書いてます。 どう勘違いしたかも書いてあります。
今シーズンもそのうち 読み返すでしょうが、しばらく様子をみたいと思います。

そして 今日 新しい発見は
ありませんでしたが、ターンの雑になりやすい部分を発見できたのと、去年にノートに書き忘れた事も 2つ思い出す事ができました。
今年こそは思い描く滑りでビューンと行きたいもんです。

割とお客様も多く、楽しくカップルで滑られる方や、ちゃんと練習してる方もいた。
今シーズンもどうぞよろしくお願いいたします。 テーマは新感覚と深く楽しくです。

2016年12月11日

雪の到来。

白馬村はもっと積もっている。
少し離れるとこんな景色をみた。

ここから下は雨だった。
明日からスノーボードスクール
少しづつ開始ー。

2016年12月10日

ご飯はナイスな景色

 

  これも いつの写真かなー  オオイデからとった写真

 

山は おおきいな。

 

 

 

 

これは1カ月前の近所の紅葉。

 

昨晩 雪が降りました。

グリーンシーズンを振り返っている場合では無いですが、

普段から 景色って 見まくってるな~とつくづく思う。

 

変化する景色が楽しいですね。

2016年12月8日

野鳥の観察

 

これは10月半ばだったか、家の周りを野鳥たちが 良く鳴いているので

子供にまじかで見せる為に ひまわりの種を置いた。

 

いつも 裏の森にいるのはシジュウカラの家族。

 

この写真の鳥はヤマガラだ。

 

 

20分ほどすると仲間も来た。

 

シジュウカラは高い枝の上で様子をみていた。

 

種が少なくなると、催促するかのように、独特の「ギユッ  ギュッツ」と鳴く。

 

そのあと1カ月ほど 毎朝 家に飛んできていた。

 

11月の後半にはあまり見なくなったが、くるみ(犬)の散歩のときに

おそらくそうであろうという、シジュウカラとヤマガラの集団(昆群)を見つける。

 

また 春になったら 遊びに来るかな。

結局 子供に見せるのではなく 自分で楽しんでました。

 

餌付けは生態系を乱すとも言われています。

ほどほどに~。

 

 

2016年12月5日

ありがチョウ

今年のグリーンシーズンの写真を
だしまーす。

これは 池田町の公園で撮った。  ツマグロヒョウモン

人間の様に愛し合ってる 夫婦をたまに目にする。

上下とも アサギマダラ 雨が少ない夏にはどこでなにをしてたのだろう。

天候が落ち着いたら どこからか そっと 出てきた。

これはウラギンヒョウモン  だろう。

いつどこで 撮ったか覚えていない。

なんだろうこの花は  ブッドレアだったけ?

今年も 何かの合間にチョウが季節を楽しませてくれた。

ありがとう。

2016年12月3日

キラッとした。


家の前のススキが3時の太陽の光で
透けてキレいでした。
きれいでした。
きれいだった。
ただただきれいだった。

2016年12月2日

野鳥の冬支度



モズの速贄 はやにえ といって
モズと言う鳥が冬を迎える為の保存食を
木の枝に刺しておくという行為!
夕方 短い犬の散歩の時に たまたま目にした。カエルや幼虫のは見た事はあったけど、ニホントカゲは初めてでした。
渡り鳥や色々な野鳥が 最近 目につく、生き物はカワイイしオモシロイ。
枝に上手にトカゲを刺してある。
トカゲにすれば迷惑で残酷、鳥は無ければ生きて行けない。
この写真 グロテスクで申し訳ないですがこれも1つの生き方ですね。

カメラにあるグリーンシーズンの写真
またみせますね。

2016年11月29日

石川県手取川 鮭有効利用調査 2016

今年も行ってきました。
1人で。
車中泊して2日も釣らせてもらいました。 有効利用調査
です。 メスを捕獲したり、遡上数を調査するために行われる、サケ釣り。
元々はフライフィッシングでの予定でしたが、今年は護岸が確保できないので、無くなりました。
ルアーで行く事にしたんですが、
スプーンのかわりにフライの毛針をつけて、色々なパターンを試しました。 1日目目はほぼ、毛針で釣りました。 これで次回フライフィッシングで参加して釣らなければ、釣りのやり方が悪いということ。



2日目はスプーンメインで動きや
カラーローテーションを試しながらやりました。 合計19匹釣りました。
オス5匹釣れた時点で終了なので、
メスだけを釣るのも研究してみました。




周りにも釣り人がいるので、
比較しながらやったり、釣り自体への取り組み方も千差万別で興味があったので、話しかけて、たくさんの方とお話もできて勉強になりました。

偶然にも 白馬村の方にも出会いました。
今年はあともう一回行きます。
遊びというより、修行みたいな感じでしたが、 ごっつい楽しかったです。
もっと 発見ありそうです。

2016年11月11日

大賑わいの犀川

15年前から犀川で
釣りをしてる僕としては、こんなに犀川に釣り人が来るようになるとは思いもしませんでした。 昔は平日に釣り人と会うことは全く無く、土日に1人会えばいいぐらい。 キャッチアンドリリース区間の整備がはじまって漁期が延びて、たくさんの人でにぎわっている。
釣りに関して言えばライバルが増えることになるが、釣りが信州で盛り上がる事はすごくハッピーでいい事に思います。
ただ たまに これから釣り下ろうとする
明日は釣り大会があるそうだ。

2016年10月22日

ニジマス56


お陰様を待ちまして、今年も無事に楽しくグリーンシーズンの営業を終えました。 ありがとうございます。

さっそく自分の釣りいきました。
これは白馬ではありませんが、犀川で昨日フライで釣りました。他にも40センチ1匹は釣れましたが、これは57センチ2ミリ足らずでした。
ウェットフライではなかなか釣れてなかった大物なのですごくうれしかったです。 ヨナヨナ フライを巻いたり、釣りの映像を見たりしました。 長野県にはフライフィッシングのショップが遠くて店舗数も少ないので、通販でフライを巻く羽や道具を買ったり、いい釣りをする為に、プライドを投げ捨ててショップの店員さんや、たくさんの方にも色々と聞いて見ました。

渓流ではなく本流の釣りで、
道具もしっかりしたもので、白馬の釣りとは違った難しさがあります。
昨日2匹釣れて、初めてヒモがほどけたような。 感じになりこのウェットフライの釣りに少し自信がつきました。
なので最初の40センチでしたがサイズはともかく スゴくうれしかったです。
他にも たくさんの感動はありましたが、この辺にしときます。
まだまだ腕あげていきます。
次は60センチアップ目指そっ。

2016年10月12日

久々の夕暮れの釣り。

夕方暮れ暮れに
ガイドの佐藤とテンカラのトレーニングに行った!
開始1分で佐藤は釣りよった。

彼は2匹で僕は1匹

僕の方がサイズは良かったけど、
彼は2匹で僕は1匹かぁー。
誰のトレーニングやねん。
カゲロウもハッチしていて、
活性は高そうだった。 ほんの30分だったけど 楽しい釣りだった。

2016年9月6日

夏の思い出 新企画 「釣りの遠足」

 

 

今年は 「釣りの遠足」という 釣りのレクチャーを受けながら

川をどんどん移動していく企画をはじめました。

 

  そして当日スタート。  釣りには良すぎるぐらい天気が良かった。 

 

  総勢 30名様 で チームを3組に分かれて遠足がハジマッタ。

1グループにインストラクターが2~3名ついて色々な川へ向かった。

 

まずは 昨年からのガイドで佐藤と長老の中川ガイドでスーパー常連大食いキッズかずちゃんと

釣り大会常連さん悟君らのチームの写真を撮りに行った。

 

かずちゃんのお母さんはルンルンで歩いている。もちろん

竿は無い。

 

 

中川ガイドは朝一番で釣らせないと釣れないと予感して はじまって5分で釣らせようとしてくれている。

 

かずちゃんのお父さんや 中川ガイドのお子さんも地球を釣りながら悪戦苦闘。

 

 

次のチームは日陰ゆったり釣りチーム。

ご家族でお子様がいて 焦らず 渓流を楽しむチーム

 

イワナは足で釣る! 足が止まっては釣れないぞ。 その分

少年は水中に念力を送っている。

樹木を釣ったお父さん。ガイドの中山氏みておいてくださいよ~おねがいしますね~。

渓流釣りは自然すべてとの対峙だと言われている。

 

 

なにやら伊藤ガイドのチームは何かを見ているようだ。

 

 

ヤマメが釣れました。 お子様もかわいくて 奥様もキュートで、魚が釣れた。

幸せをかみしめているご主人。一人で釣りに行ったときの大物よりうれしいはずだ。

 

 

続いては 少し移動しながら 釣りができそうなお子様チーム。

 

こういった自然の中でのはじめて出会う感覚は 説明のつかないぐらいいいものだ。

釣れない釣りも、全力尽くしてゼロなら仕方ない。 

 

 お母さんも半信半疑で釣りを必死でやられていた。

 

  昨日近くの川でヤマメ釣ったんだから 今日も釣れるはず。。。と

自問自答しているに違いない。 いるけど釣れない 釣る為に自分は何ができるか

自分に聞く・・・・。

 

 

 

さあ 釣りも終わり 3チーム再度集合して

釣った魚と そうでないさなか・・・・岩魚を

簡単にさばいて 串にさすレクチャー。元料理人の相田ガイドが

キラキラの笑顔で教える。 グロテスクな内容を笑顔で伝える。

 

イワナの内臓をとる。。。普段はスーパーでさばいてある魚を買って食べる。

そのギャップに唖然とする。

自分で釣ったイワナを串に刺して、キメ顔をする悟くん。

釣る執念すごい。 あ  技術だ。

ゆったりチームかえって来た。

 

もちろん炭火で串焼き岩魚。

 

 

他にも白馬村産の野菜などの簡単なBBQも。

おっと中野渡ガイドも男どもに塩をふらせる~。

かずちゃんを水の中で待つスイカ↑

でましたかずちゃん。。。釣れなかった悔しい気持ちをスイカにぶつけていた。

最後まであきらめないで釣りをしてたので僕はいい男だ!と認めます。

 

 

昨年は 20匹ほど釣れました。 今年は岩魚1匹とヤマメ数匹。。。

言い訳は雨不足。。。でもそんなコトどうでもいい。

 

 「模索」・・・僕も初めてのことはそこからスタートです。

「どうやるの?」 ・・・「ふ~んなるほど」・・次回はこうするぞ

自然の中での試行錯誤は永遠だ 最初も途中も はじめないとその模索の

楽しさははじまらない。

 

今回おもいきって お申込みいただいた皆様 これに懲りずにまた

ご参加頂けるとうれしいです。

 

 

釣りの遠足1回目、まだまだ足りない点がありましたが、

8時半~13時までみなさんお付き合い頂きまして、また遠方よりご参加頂きました事を

お礼申し上げます。

 

 

 

 

 

2016年9月4日

渓流釣りをした夏休み。


もう夏休みも終わった。

渓流釣りをして気持ちよかった
川の風や釣れたヤマメの綺麗さ。
たまには思い出してくれてるだろうか?
釣れた時 目をギョロギョロさせていた少年 また来て下さい、次は岩魚を釣ろう。

2016年9月3日

自然にキビシイ8月だった。


8月は雨がまともに降らず、
川の水も少なく。
樹木の水分も少なく。
カラカラの夏だった。
生き物は毎日雨をどれほど待ちわびただろう。
この僕ちゃんは あきらめない男!
魚はつり上がらなくてもいい、
グンとくる引きを味わいたいと
歩きながら言う。
頼もしい男だ。
久々の岩魚はそれに答えてくれた。
子供の発想はほんと頼もしい。

2016年9月2日

テンカラ 毛針で渓流釣りのイベント!



白馬村に昨年オープンした、ノースフェイスグラビティ 白馬さんと 毛針で釣りをしてイワナやヤマメを釣るイベントを8月28日開催致します。
白馬村の自然や川の良さを感じていただける内容で、そのついでに渓流釣りなのか、イワナやヤマメを釣るのが目的なのか? 山、渓流、空気、自然を
満喫していただきながら、釣りを楽しむ内容です。
是非ご参加お待ちしております。
ご予約の参加となります。

2016年8月5日